2021年度立教大学学術推進特別重点資金(立教SFR)研究成果を公開しました

共同プロジェクト研究 研究経過・成果報告書

番号 研究代表者 所属 研究課題名
18
共-1
細井 尚子 異文化コミュニケーション学部 教授 「東アジア文化圏」研究基盤の構築ー娯楽市場における「大衆」「演劇」「大衆演劇」からー
19
共-1
水上 徹男 社会学部 教授 トランスナショナルな移住者と社会的結束性に関する社会学的研究
19
共-2
蓮見 雄 経済学部 教授 欧州におけるEVシフトと生産・インフラ・ネットワークの再構築と日系企業への影響
20
共-1
林 采成 経済学部 教授 アジアの高成長と企業投資に関する国際比較史研究:日本、台湾、韓国、中国、インド
21
共-1
イ ヒャンジン 異文化コミュニケーション学部 教授 グローバル・スタディーズとしてのコリアン・スタディーズ―文化交流と人の移動を軸に
21
共-2
秋野 晶二 経営学部 教授 GVCにおけるガバナンスの理論と実態に関する研究
21
共-3
松永 美希 現代心理学部 教授 行動活性化法を取り入れたオンライン心理プログラムによる産後うつの予防的介入

個人研究 研究成果報告書

番号 研究代表者 所属 研究課題名
個A-1 山縣 宏之 経済学部 教授 「分極化するアメリカ」の比較研究~テクノロジー産業成長地域と製造業停滞地域
個A-2 岡本 紀明 経営学部 教授 コーポレートガバナンス・コードの開示原則が企業の株式持ち合いに与えた影響の探求
個A-3 片上 平二郎 社会学部 准教授 単身者空間としての都市の比較研究―「コンビニ」的な生活を可能にするもの―
個A-4 西村 涼 理学部 助教 形状記憶効果の光制御を目指したフォトクロミック分子結晶の創生
個A-5 笠井 大司 理学部 助教 細胞壁を持たない細菌の細胞分裂タンパク質の機能解析
個A-6 郭 洋春 経済学部 教授 (有機)農業従事者と消費者の有機的結びつきを通した地方活性化の可能性の実証的研究
個A-7 韓 志昊 観光学部 教授 新型コロナウイルス感染症が日本のホスピタリティ・ビジネスにもたらしている影響
個B-1 宮﨑 友里 観光学部 助教 地方自治体の心理的課題解決策としての観光:岡山の桃太郎伝説活用に至る地方政治過程
個B-2 武田 珂代子 異文化コミュニケーション学部 教授 太平洋戦争・日本占領期における宣教師・キリスト教信者による翻訳通訳活動
個B-3 濱本 真一 社会情報教育研究センター 助教 数理的アプローチによる教育格差の規範理論の構築

大学院学生研究 研究成果報告書

番号 研究科 課程 研究代表者 研究課題名
院-1 文学 D2 今井 麻美梨 19世紀アメリカ「公共圏」の再編とジェンダー―リスペクタブルな振る舞いと美徳
院-2 文学 D6 宮島 章子 ボードマーによるミルトン『失楽園』ドイツ語翻訳にみる文体的特性
院-3 文学 D2 岩佐 菜々子 「気になる子」の保育に関する社会学的考察
院-4 文学 D2 及川 英 Edith Wharton 作品におけるフェミニスト・リーディングの余剰――The Custom of the Country を中心として
院-5 文学 D1 齊藤 探花 仮名本『曾我物語』の生成と変容――本文研究を中心に――
院-6 文学 D3 王 尊龍 「冊封・朝貢」体制における漢詩文の機能と役割:琉球王国の表文を中心に
院-7 文学 D1 有馬 三冬 Edgar Allan Poe 作品における作者の権威性と19世紀アメリカの著作権
院-8 文学 D2 井出 大輝 明治期小学校における評価の言説・実践の歴史社会学的研究
院-9 経済学 M2 青木 尚人 社会福祉主事の成立―人格志向と知識・技術志向の相克―
院-10 法学 D1 ラウシュ 魁 ハンナ・アーレントの政治理論----大衆・モッブ・人民に着目して----
院-11 法学 D2 大塚 淳 中江兆民の進化論・唯物論・唯心論思想-19世紀欧州政治・道徳思想との比較において
院-12 経営学 M2 望月 春香 エンゲージメントサーベイ導入初期の人事担当者が求められるプロセスと障害について
院-13 観光学 D2 辛 承憲 草梁倭館の移転過程に関する歴史地理学的考察―日本側の立場を中心に
院-14 コミュニティ福祉学 D5 大山 典宏 生活保護制度における裁量基準の多様性とその統制に関する研究
院-15 現代心理学 D2 張 馨月 映像と音楽の印象的調和・不調和が没入感に及ぼす影響-感情価と覚醒度の2次元から-
院-16 キリスト教学 D1 川越 菜都美 建国神話としての『ヤコブ原福音書』――「国家」「民族」的キリスト教イメージ――
院-17 人工知能科学 M2 佐藤 元己 対話エージェントを用いたAI問診システムの作成
院-18 理学 D2 日暮 凌太 Vela 超新星残骸からのガンマ線放射機構解明と逃走宇宙線の観測的研究
院-19 理学 D3 西野 龍平 未来型分子構築法を駆使した新規ケイ素材料の創製
院-20 理学 D1 池田 拓人 ダークエネルギーが物質と非最小結合している可能性の多角的検討
院-21 理学 D3 富川 慶太郎 ブラックホールと中性子星のマルチメッセンジャー観測を用いた重力理論の検証
院-22 理学 D3 片桐 拓弥 重力理論の検証に向けた回転ブラックホール準固有振動の研究:近地平面の幾何学から

お問合せ

ご不明な点がございましたら下記までお問合せ下さい。

リサーチ・イニシアティブセンター
担当:秋本・梶川
e-mail:sfr@rikkyo.ac.jp
TEL: 03-3985-4955 FAX : 03-3985-2458

一覧へ戻る

リサーチ・イニシアティブセンター

総合研究センター

立教大学出版会

立教大学研究活動行動規範に関する相談・通報受付窓口について

ページの先頭へ戻る

Copyright © Rikkyo University. All Rights Reserved.