安全保障輸出管理体制と役割

①管理体制

立教大学では、2015年4月1日付けで、「立教大学安全保障輸出管理規程」を制定し、最高責任者を総長として、以下統括責任者(研究推進担当副総長)、輸出管理責任者(部局責任者)による管理体制がスタートしています。

安全保障輸出管理体制
安全保障輸出管理体制図のダウンロード(654KB)

②役割

該非判定等の審査は各部局の部局責任者(部長)が一次審査、安全保障輸出管理委員会を通して輸出管理統括責任者が二次審査を行います。それぞれの実務の補佐を安全保障輸出管理委員会事務局(リサーチ・イニシアティブセンター、国際センター)が行います。
また該非判定等に関する支援サポートを外部機関にも依頼し、研究者等の教育・教育活動における輸出・技術提供をサポートします。

安全保障輸出管理役割
安全保障輸出管理役割図のダウンロード(328KB)



戻る

リサーチ・イニシアティブセンター

総合研究センター

立教大学出版会

立教大学研究活動行動規範に関する相談・通報受付窓口について

ページの先頭へ戻る

Copyright © Rikkyo University. All Rights Reserved.