平成25(2013)年度 科研費(補助金分)「研究成果報告書」の提出について

平成25(2013)年度が研究計画最終年度に当たる研究課題の研究代表者は、当該研究課題の研究成果について「研究成果報告書」を日本学術振興会に提出することとなっております。下記をご確認の上、提出期限までに手続きを進めてくださいますようお願い申し上げます。

1.「研究成果報告書」の提出対象者

科研費(補助金分)のうち、平成25年度が研究計画最終年度に当たる研究課題の研究代表者


2. 提出書類等

提出書類 提出方式 様式 記入例
作成上の注意
研究成果報告書
(様式C-19)
科研費電子申請システムからWeb入力および研究成果報告内容ファイルのアップロードを行い作成後、データ送信
*詳細については4.提出方法を確認願います。
WORD PDF


3.提出期限

2014年5月30日(金)17:00


4.提出方法

(1)下記の作成手順を確認の上、「研究成果報告書」を作成して下さい。
[作成手順]
① 研究成果報告内容ファイル(WORDファイル)を作成願います。
② 科研費電子申請システムにログインし、研究成果報告情報(Web入力項目)を入力願います。
③ ②入力後、①で作成した研究成果報告内容ファイルを科研費電子申請システムにアップロード願います。
*科研費電子申請システムログイン画面:http://www-shinsei.jsps.go.jp/kaken/index.html
*別紙「記入例・作成上の注意」をご確認の上、作成願います。

(2)作成およびデータ送信の完了後、その旨をリサーチセンター科研費担当(kaken@rikkyo.ac.jp)までご連絡ください。あわせて、研究成果報告内容ファイル(WORDファイル)をご提出願います。
*2014年5月30日(金)まで

(3)リサーチセンターで入力内容の確認を行い、確認結果につき連絡いたします。(紙媒体の提出は不要です。)

5.作成上の留意点

(1)特許の出願中等の理由により、一定期間公表を見合わせる必要がある箇所があるため、公表可能な範囲で、研究成果報告書を作成・提出する場合は、研究成果報告情報(Web入力項目)の「後日提出する」にチェックを入れて、再提出予定日を入力して下さい。
(2)研究成果報告内容ファイルの記入にあたっては、使用する文字は10ポイントの明朝体とし、色文字は使用しないで下さい。
(3)研究成果報告ファイルは3~5ページで作成し、Web入力項目とあわせて全体が4~6ページとなるよう作成願います。
(4)研究開始当初の背景、研究の目的、研究の方法、研究成果について、文章に番号を付して整理する場合は、(1),(2),(3)・・・の番号を付し、これを更に細分化する場合は、①、②、③・・・の順に使用して下さい。
(5)主な発表論文等について、本研究課題により得られた研究成果を記入して下さい。記入に際しては、現在から順に発表年次をさかのぼり、項目ごとに通し番号を付して記入し、研究代表者、研究分担者及び連携研究者には下線を引いて下さい。

※「研究成果報告書」については、期日までに提出されなければ科研費の執行停止や返還等の措置が講じられますので必ずご提出ください。

以上

お問合せ先

リサーチ・イニシアティブセンター科研費担当
林・森・髙木・皆川・塚田
E-mail:kaken@rikkyo.ac.jp
電 話:03-3985-4538・4656・2956

一覧へ戻る

リサーチ・イニシアティブセンター

総合研究センター

立教大学出版会

立教大学研究活動行動規範に関する相談・通報受付窓口について

ページの先頭へ戻る

Copyright © Rikkyo University. All Rights Reserved.