2014年度立教大学学術推進特別重点資金(立教SFR)研究成果を公開しました


プロジェクト研究 研究経過・成果報告書

研究種目 番号 研究代表者 所属 研究課題名
重点領域
・推進
プロジェクト研究
12重-1 阿部 治 社会学部 教授 課題解決型シミュレーションによるESDプログラムの研究開発
14重-1 常盤 広明 理学部 教授 フォトクロミックバイオプローブの合理的設計と新機能創製
共同
プロジェクト研究
13共-1 間々田 孝夫 社会学部 教授 ポスト・アメリカ化時代の消費社会研究-日中同時調査に向けて
13共-2 望月 祐志 理学部 教授 固体表面と分子との相互作用に関する計算化学と分析化学の連携研究
13共-3 亀田 真吾 理学部 准教授 太陽系外惑星の物質散逸現象
14共-1 野呂 正行 理学部 教授 グレブナー基底候補の高速計算法, 検証法および極小付属素イデアル計算への応用
14共-2 小澤 実 文学部 准教授 グローバルヒストリーのなかの近代歴史学
14共-3 菅沼 隆 経済学部 教授 国民皆保険・皆年金と社会科学者の役割-社会保障制度審議会のアーカイブズ学的研究-

 

個人研究 研究成果報告書

番号 研究代表者 所属 研究課題名
個A-1 三田 知実 社会学部 助教 高級衣料製造のグローバルな拠点―倉敷市児島の事例研究―
個A-2 石川 巧 文学部 教授 占領期に<地方>で発行された大衆雑誌の発掘・保存と出版社の実態に関する調査研究
個A-3 上谷 幸治郎 理学部 助教 セルロースナノファイバーの熱伝導特性の解明
個A-6 村尾 るみこ 21世紀社会
デザイン研究科
助教 紛争後のアフリカ農村における社会経済的包摂と環境利用に関する研究
個A-7 洞口 拓磨 理学研究科 特任
准教授
粒子線治療における原子核反応データの研究
個A-8 三本松 政之 コミュニティ
福祉学部
教授 韓国における「社会的バルネラブルクラス」の支援にみる人権認識の特質に関する研究
個B-1 佐藤 雄基 文学部 准教授 日中比較による日本中世古文書学の再構築 - 書札様文書を中心にして
個B-2 沼尻 晃伸 文学部 教授 大正期~高度成長期における都市の水利用と生産・生活に関する社会経済史的研究
個B-3 熊上 崇 コミュニティ
福祉学部
助教 学習困難を有する高校生への認知・習得度アセスメントとフィードバックに関する研究

 

大学院生研究 研究成果報告書

  研究科 課程 研究代表者 研究課題名
院-1 文学 M2 渡部 裕太 梅崎春生の占領期に於ける作品と第一次戦後派の同時代評価
院-2 文学 D3 米山 大樹 昭和三〇年代前後における老人文学の研究―晩年の室生犀星を中心に―
院-3 文学 D2 熊谷 めぐみ Charles Dickens後期作品のキャラクターに反映されるヴィクトリア朝社会規範と個人の葛藤
院-4 文学 D3 朝倉 さやか ロバート・フロストと「男らしさの欠如」
院-5 文学 D5 小笠原 清香 強意副詞の通時的意味変化:文法化・語彙化とその動機付けに関する考察
院-6 文学 D6 河野 美奈子 マルグリット・デュラスの文学作品におけるアジアの表象
院-7 文学 M2 宮島 章子 スイスドイツ語の歴史的推移―言語地理学的な視点から見るスイス聖書と方言辞典―
院-8 文学 M2 馬場 大介 ドイツメディアの「フクシマ」報道の言説分析―ドイツにとって「フクシマ」とは何か―
院-9 文学 M2 浅見 治人 ヨーゼフ・ロートとオーストリア=ハンガリー帝国―『皇帝の胸像』を手がかりに
院-10 文学 D6 鹿野 美枝 イギリスのインド政策におけるヘンリ・ダンダスの影響力、1784-1793年
院-11 文学 D5 木下 純平 トルコ共和国における喫茶の通態性に関する風土学的研究
院-12 文学 M2 今井 聖 逸脱行動の動機・原因理解に関する社会学的研究
院-13 文学 D2 石本 啓一郎 幼児の文字獲得過程の発達教育学的研究
※公開差控
院-14 文学 D5 小平 健太 H-G.ガダマーの解釈学思想における芸術理論の現代的意義の考察
院-15 経済 D3 道満 治彦 ドイツにおける固定価格買取制度の政策決定過程に関する研究
院-16 社会学 D1 梶原 はづき 福島避難地域の人と動物―置き去りになっているペットと、その飼い主の経験―
院-17 社会学 D3 稲毛 和子 慢性疼痛患者と家族に関する研究
院-18 社会学 D6 井上 公人 実験調査による郵送調査の回収率向上方法の研究;予告状、私信化、切手貼付効果の検討
院-19 法学 D2 乙幡 翔太郎 エドマンド・バークとウィリアム・ジョーンズ―「専制」をめぐって―
院-20 法学 D3 長 史隆 ニクソン・ドクトリンと「地域協力」構想―米国・インドネシア関係を中心に 1969-1975
院-21 観光学 D2 丸山 宗志 北九州市における都市空間の再編にともなう観光地域の形成
院-22 コミュニティ
福祉学
M2 中川 晃 暑熱環境下運動時における体温調節機能と認知機能、運動パフォーマンスの変化について
院-23 コミュニティ
福祉学
D2 酒本 知美 精神障害者地域移行・地域定着支援 生活保護制度を通した支援の検討
院-24 コミュニティ
福祉学
D2 金 信慧 韓国高齢者の自殺予防に関わる福祉的な支援を必要とする「生活課題」の独自性の研究
院-25 コミュニティ
福祉学
D4 大口 達也 地域包括ケアシステム構築における地域福祉基盤整備の展開過程
院-26 コミュニティ
福祉学
D5 張 允禎 認知症高齢者を支える地域支援に関する研究―認知症高齢者の「いきる姿」に焦点をあてて―
院-27 現代心理学 D1 相馬 正史 感情価と覚醒からなる感情状態が道徳ジレンマ場面で道徳判断に及ぼす影響
院-28 現代心理学 D3 齋藤 正樹 行動経済学的視座から個人差を同定するための探索的研究-健康行動の自己管理-
院-29 現代心理学 D3 岸 竜馬 弁証法的行動療法による人格障害圏患者の治療効果測定―衝動性と自傷行為の視点から―
院-30 現代心理学 D4 岩山 孝幸 精神科外来におけるNIRSを用いた前頭前野機能測定による抑うつ症状評価の有益性に関して
院-31 現代心理学 D4 河野 真理江 日本映画におけるメロドラマの研究―昭和30年代における三つのサブジャンルを中心に
院-32 現代心理学 D4 小松 いつか フリーダ・カーロ―人間身体から植物への擬態―生命の循環―
院-33 経営学 D2 久保田 佳枝 組織変更に伴う異文化適応力の有効性の検討2
院-34 経営学 D3 徐 毅菁 ―実験アプローチによる― 失敗とモチベーションの関係についての研究
院-35 ビジネス
デザイン
M2 川原 千明 羽田空港でのラグジュアリー・ブランド(LB)売上成長の要因~消費者はなぜLBを空港で買うか~
院-36 ビジネス
デザイン
D1 林 征治 組織の進化とデザイン―半導体露光装置産業の史的研究から
院-37 ビジネス
デザイン
D1 外村 彩 日本におけるホテル不動産投資信託市場の拡大可能性の検証
院-38 ビジネス
デザイン
D1 Anna Davtyan Tourism Businesses Impact on the Economic Development of the Republic of Armenia
院-39 ビジネス
デザイン
D3 馬塲 正実 人口オーナス期におけるファッション産業の企業戦略に関する研究
院-40 21世紀社会
デザイン
D4 谷口 起代 コミュニティ活動における「共創」の類型化の試み
院-41 21世紀社会
デザイン
D5 真田 尚剛 安全保障政策とナショナリズムの関係:防衛庁長官中曽根康弘による構想を中心に
院-42 21世紀社会
デザイン
D6 嘉瀬井 恵子 「市民参加型会議の合意形成プロセスにおける風土論的考察―円卓会議を事例として」
院-43 異文化コミュニケーション M2 合崎 京子 自閉症スペクトラムをもつ人のコミュニケーション―初対面場面における会話分析を通して―
院-44 異文化コミュニケーション D1 荻原 まき 「『言語』と『記憶』のアイデンティティ:台湾原住民族の語りの『今ここ/過去』から」
院-45 異文化コミュニケーション D1 瀧戸 彩花 カバー音楽における身体・声・象徴:音楽著作権とパフォーマンスの観点から
院-47 異文化コミュニケーション M2 西内 沙恵 スペイン語を母語とする日本語学習者の多義語理解に関する基礎的調査―教材開発に向けて
院-48 キリスト教学 M1 千ヶ﨑 祥平 福音書の「神の子」論―死海文書4Q246(『神の子テクスト』)を参考に
※公開差控
院-49 キリスト教学 D2 國友 淑弘 19世紀アフリカ系アメリカ人スピリチュルの音楽的機能について
院-50 キリスト教学 D5 岡田 理香 C.S.ルイスのキリスト教思想
院-51 理学 M2 杉崎 裕一 遷移金属化合物表面の機能性探査
院-52 理学 M2 齋場 俊太朗 デジタル顕微鏡を用いた世界で初めてのミクロンスケールでの重力観測装置の開発
院-53 理学 D1 矢嶋 耕治 重力波で探る初期宇宙と強重力場の物理
院-54 理学 D1 満仲 翔一 腸管出血性大腸菌O157株に存在するnon-coding RNA#29の機能解析
院-55 理学 D3 濱島 裕輝 深海生物のイソプロピルリンゴ酸脱水素酵素の高圧適応機構の解明

 

国際会議助成 研究成果報告書

番号 開催責任者
(申請者)
所属 主催 国際会議名
国-1 武田 珂代子 異文化コミュニケーション学部・研究科 教授 異文化コミュニケーション研究科 第一回国際通訳史シンポジウム
The First International Symposium on the History of Interpreting
国-2 豊田 三佳 観光学部 准教授 立教大学 観光学部 アジア諸国における医療ツーリズム:現状とその課題
Challenges of Medical Tourism in Asia

 

在外研究・国内研究 研究経過・成果報告書

番号 研究代表者 所属 研究課題名
外-1 杜 国慶 観光学部 教授 創造力による都市観光の進展
外-2 新田 啓子 文学部 教授 再建期以降のアメリカ文学における恥辱表象の思想史的実証研究
外-3 細井 尚子 異文化コミュニケーション学部 教授 東アジア文化圏の大衆文化における近代―大衆娯楽市場における「少女歌劇」系芸態から―
外-4 ゾンターク・ミラ 文学部 准教授 「近代日本における宗教的ナショナリズム―キリスト教雑誌における<神の国>論を中心に」
外-5 李 香鎮 異文化コミュニケーション学部 教授 アメリカにおける北朝鮮:後期冷戦体制下のグローバル映像政治学
外-6 舛谷 鋭 観光学部 教授 東南アジア華人研究:言語文化を中心に
外-7 佐藤 大祐 観光学部 准教授 近代ハワイにおけるスポーツの伝播・受容とリゾートの生成プロセスに関する研究

 

2014年度立教SFR「東日本大震災・復興支援関連研究」の研究経過・成果報告書について

 

お問合せ

ご不明な点がございましたら下記までお問合せ下さい。

リサーチ・イニシアティブセンター
担当:大嶋、吉村、田中
e-mail:sfr@rikkyo.ac.jp
TEL: 03-3985-2953 FAX : 03-3985-2458

一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る

池袋キャンパス(広報室)
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
TEL:03-3985-2202
新座キャンパス(新座キャンパス事務部)
〒352-8558 埼玉県新座市北野1-2-26
Copyright © Rikkyo University. All Rights Reserved.